« 【続報】パテントサロン アクセス障害 (2013/6/25) に関するお知らせ | トップページ | 【開催予告】知財系オフ会@新潟,東京,ワシントンDC »

2013.09.07

見分けるポイントは? 憎むべきニセモノ展2013を堪能。

原宿,キャットストリートにあるショップで開催されている「憎むべきニセモノ展2013」を見学しました。

偽ブランド品撲滅プロジェクト「憎むべきニセモノ展2013」開催
http://www.ragtag.jp/shop/news/news20130828.html

この展示会はこれまでに数回開催されていて,私は前回も見学しました。

ニセモノがいっぱい。憎むべきニセモノ展2013を堪能。
http://cytech.way-nifty.com/blog/2013/02/2013-60d2.html

前回は非常に多くの模倣品がぎっしり展示されていました。今回は前回に比べると展示されている模倣品の数は少ないのですが,全ての商品について模倣品と正規品が並べて展示されています(前回は一部の商品についてのみ)。そしてそれらを直接手にとって,しっかりじっくり見比べることができます。

模倣品だけを見ても正規品との違いはなかなか分かりません。両者を比べることによって違いが見えてきます。各商品には相違を見分けるポイントが書かれている解説がついているので,それを見ながら実物でチェックすることができます。

主催されている方によると,模倣のレベルは年々上がっているそうです。定期的に新作が発表されるブランドの場合,毎回新作発表のタイミングに合わせて模倣品が出てくるケースもあるとのこと。また,商品買い取りの場合,経時変化による色あせなども考慮して真贋を判断する必要があるというお話もうかがいました。

模倣品と正規品を直接手にとって解説を見ながらじっくり比較できる機会はなかなかありません。関心がある方にはおすすめのイベントだと思います。

なお,前回ブログに書きましたが,老眼あるいは老眼気味な方は,老眼鏡や拡大鏡を持って行った方が,より堪能できると思います(実証済み)。

開催は9月10日(火)まで。

■見学したときのツイート

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/58144578

この記事へのトラックバック一覧です: 見分けるポイントは? 憎むべきニセモノ展2013を堪能。: