2009.05.03

清志郎

清志郎の死は,土曜日の夜,パテントサロンの更新をしていたときに,twitterのタイムラインで知りました。

私は特に強いファンだったわけではありません。ライブに行ったこともありません。CDを数枚持っている程度です。しかし昨晩は,ひとりで明け方までビール飲みながらずっと聴いてました。

一番好きな曲は,これをあげる人はあまりいない様な気がしますが,RCサクセションの「よォーこそ」です。ライブの最初にやっていた曲で,お客を迎える気持ち,仲間が大切だという気持ち,曲を聴かせたいんだという気持ちがすごく濃厚でガガガッと押し寄せてくる。初めて聴いたときにやられてしまいました(よォーこそ RCサクセション 歌詞情報 - goo 音楽 ←歌詞はあくまでも参考情報。聴かないと伝わりません)。

あと,高校生のとき,文化祭で「SUMMER TOUR」をやりました。担当したのはキーボード。とにかくどうやれば目立つかということだけを考えていて(若者にありがちな間違い),やたらと化粧をしたりラメを付けたりしました。

そしてさらに目立とうと楽器を改造しました。シンセサイザー(Korg MS-20)のキーボード部分を本体から取り外し,これに棒状の部材とストラップピンを取り付け,ギターのように肩にかけて立って演奏しました。棒状部材の先端近くにはベンダーを取り付け,チョーキングのような奏法ができるようにしました。他にもいくつかスイッチを付けて,ビブラート等がかけられるようにしていました。

これはさすがにインパクトがあったようで,演奏のあと,多くの人が「楽器を」見に来ました。演奏の方は,私は特にピアノやキーボードが弾けたわけではなく,その1曲だけを何とか弾けるように練習した程度。音楽というよりも工作という感じのステージでした(関連記事:モーグ博士が死去)。

また,反核・反原発の「COVERS」が出たとき私は大学生。これにはいろんな影響を受けました(COVERS (RCサクセション) - Wikipedia)。

やっぱり結構好きだったみたいです。

清志郎,ありがとう。お疲れさま。
 

|

« パテントサロンのゴールデンウィーク | トップページ | 知財系オフ会@福岡の予告 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/44880422

この記事へのトラックバック一覧です: 清志郎: