2008.07.21

2028年,寿司屋に行きます

知財の仕事では,時間の単位が比較的長いものがたくさんありますね。出願公開まで1年半,審査請求可能期間が3年間,権利期間が20年間など,「年」単位のものがいくつもあります。

私はメーカーの知財部門に9年間在籍しました。そこでは特許実務を担当していました。その頃は審査請求可能期間が7年間だったこともあり,国内特許出願で,自分が出願を担当し,審査請求,中間も手がけ,権利化まで見届けたという案件は,とても少なかったです。手がけた中間の多くは,若かりし上司が出願を担当したものでした。


ところで,普段の生活では,例えば20年という長い時間を意識したり,目にすることはあまりありません。子供の将来を考えたり老後の計画を練るときくらいでしょう。

そんな中,オフィスの近くを散歩しているときに,「20年後」という文字に目がとまりました。


20年後


20年後のことを語りながらも,皆様のことを気遣っているところが心憎い。
20年後,再開したらこの写真を持って行ってみることにします。
 

|

« 矢場とん,みそかつ,そしてブーちゃん | トップページ | 知財系オフ会@札幌 【開催案内・参加者募集】 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/41925638

この記事へのトラックバック一覧です: 2028年,寿司屋に行きます: