2008.04.18

パテントサロンの目的と人材ビジネス

今日4月18日は,発明の日です。

ちょうど去年のこの日,大阪で行われた発明の日のイベントに参加していました。

平成19年度「発明の日」記念行事 シンポジウム
― 知財OB 人材の活用 ―

http://www2.convention.co.jp/2007hatsumei/

パテントサロンでは,知財に関する求人広告の掲載を行っています。しかし,人材紹介や人材派遣の仕事は一切行っていません。

パテントサロンの目的は,知財に関する情報を流動させることです。情報の流動に徹底的にこだわります。知財に関する求人情報の掲載も,その一環で行っています。

人材紹介や人材派遣は全く別の仕事です。情報の流動にこだわっているだけではできません。また,これらの仕事にはかなり高いレベルの専門知識や能力が必要だと思いますが(何たって人の人生を大きく左右する可能性があるわけですから),それらを有する社員はうちにはいません。

そういう能力を持った人を雇うとか,すでにこの様な業務を行っている会社と提携するという方法もあるかも知れませんが(提携の話をたくさんいただいています。ありがとうございます),サイトの目的に合致しないので,現時点ではどちらも行う予定はありません(いつも断ってばかりですみません)。

この様な状況ではありますが,社会における人材紹介業などの重要性は強く感じています。パテントサロンが人材紹介などに関係するとしたら,人材紹介や人材派遣を行っている会社に利用してもらえる様な情報を流動させるという仕事が考えらえます。餅は餅屋です。うちは情報の流動に徹底的にこだわり,人材の部分はプロの方にお任せしようというものです。提携と同じように見える知れませんが,そうではなく,もっとオープンなものがおもしろいのではないかと考えています(こんなこと考えていると儲からない)。

ということで,人材に関する仕事について少しでも勉強させてもらおうと,シンポジウムに参加しました。いろいろと参考になりました。

他に人材に関するものとしては,特許事務所経営者の後継者探しがあります。こちらもよく相談を受けます。これについても,何か役に立てることはないかと考えています。もちろん,あくまで情報の流動という観点からです。うちはこれしかやりません。

|

« セミナー参加と大阪出張とくいだおれ太郎 | トップページ | ロゴとエコとドコモ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/40916035

この記事へのトラックバック一覧です: パテントサロンの目的と人材ビジネス: