« 【速報】ストレージサービス違法判決の判決文が公開 | トップページ | クリエイティブコモンズと商標権 その2 »

2007.05.30

クリエイティブコモンズと商標権

株式会社はてなが,自社のロゴマークを,クリエイティブコモンズ(以下,ccとする)で公開しました。

※はてなの発表
 はてなロゴのリニューアルおよびクリエイティブ・コモンズライセンスでのデータ公開について
 http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20070529/1180419796
 はてなロゴマークを使ってみよう
 http://www.hatena.ne.jp/company/logo

※関連ニュース
 はてな、ロゴをクリエイティブ・コモンズで公開
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/29/news068.html
 はてな、新ロゴを発表、クリエイティブ コモンズ ライセンスで公開
 http://japan.internet.com/wmnews/20070529/1.html
 「はてな」ロゴをリニューアル、英語版サービス公開に先駆けて
 クリエイティブコモンズライセンスの画像データ提供
 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/05/29/15870.html


このはてなの方針,商標の実務家から見るとどうでしょうか?(注:私は商標について実務経験がなく,また詳しくもない)。

多くの企業では,ロゴマークの使用については,社内規定等で厳しく管理されています。使用目的のほか,ロゴの色や大きさ,他の文字や画像との間隔などについても細かく定められています。

はてなの方針は全く異なるものです。一定条件の下で,ロゴマークを自由に使用したり,改変することを認めています。

広く使ってもらって親しみを持ってもらおうという趣旨は分かるのですが,ロゴマークが管理下に置かれないことで,だれの商品・サービスであるか混同を生じたり,あるいは普通名称化するおそれが出てきたりしないのでしょうか? 気になります。普通名称化したらそれはそれですごいですが。


また,商標権との関係も気になります。今回のはてなの方針は,ロゴマークの画像についてccライセンスを設定するというものです。一方ではてなは「はてな\Hatena」で商標権を持っていますが,今回商標権のライセンスについては触れられていません。

ロゴマークの画像は一定条件の下で自由に使ってもよいが商標権については言及していない。この状態はひずみを生みそうです。

はてなのサイトの中に以下の記載があります。

このような使い方はできません
他の会社の提供しているブログに、はてなマークをつける
はてなと関係ない他のサービスや他のHPへのリンクに利用する
はてなと関係ないものを販売したり配布したりしているページに、はてなが配っているかのような誤解をされる態様で利用する

この記載によると,私のブログははてな社提供のシステムではないので,ccライセンスの条件を満たしたとしても,このブログにロゴマークを掲載することはできません。

これらのはてなの記載は,ccライセンスにプラスαの条件を付けているわけですが,上述したひずみがあらわれているようです(※関連リンク:はてなロゴマークのライセンス表示がひどい http://iwaim.beering.be/2007/05/post_2.html)。


はてなのロゴマークがどのように使われていくか,そしてその効果は? 今後が気になります。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/15258439

この記事へのトラックバック一覧です: クリエイティブコモンズと商標権:

» 著作者人格権とクリエイティブ・コモンズ トラックバック ZDEA Blog
日本の著作権には著作者人格権というものがあり、日本のクリエイティブ・コモンズ・ライセンスはこれを反映したものになっています。 あるロゴマークが、それ以外のものやサービス... [続きを読む]

受信: 2007.05.31 22:56