« Happy 7th birthday | トップページ | KSR事件 米国最高裁判決 »

2007.04.17

知財系SNS ipippi の現状について

4月18日に知財系飲み会を開催します。

第3回 ipippiリアル in 大阪 開催のお知らせ
http://www.patentsalon.com/info/20070403.html

参加者は40名です。企業知財部,特許事務所に勤務されている方の割合が多いです。好評でしたら,他の地域でも開催したいと考えています。


この案内をきっかけに,ipippiに関する問い合わせを多数いただきましたので,ipippiの現状について紹介します。

■知財系SNS ipippi(イピッピ)
 http://ipippi.jp/

ipippiは,知財に関心がある人が参加できる招待制SNSです。おおざっぱに言うとmixiの知財版で,日記やコミュニティなどの機能があります。昨年3月に正式運用を開始しました。

現時点(2007年4月16日)の会員数は887名です。日々1~数名程度増えたり増えない日があったりといった感じです。

会員の勤務先や職業などを見ると,企業知財部,特許事務所,特許調査会社,翻訳者,コンテンツ制作,コンサル,学生,技術者,営業,出版社,教師,TLO,知財情報サービス,官公庁,マーケティング,デザイナーなどとなっています(順不同漏れ多数)。

地域的には,北海道から九州まで,海外の方もいます。弁理士であることを公開している方が131名います(公開は任意)。

また,現時点で81のコミュニティが作られています。弁理士受験や特許調査などのほか,知財に関係のないコミュニティも存在します。

利用のされ方としては,会員全員が日々知財に関する情報を活発に書き込んで...という状態ではありません。日記をそれなりの頻度で書く会員がある程度いて,その日記にコメントがついてやりとりがあったりとか,いくつかのコミュニティで意見交換が行われたりとか,そのような状況です。

私個人としては,他人の日記を読むのがとても楽しいですね。主催者ということであまりコメントはつけないのですが(主催者色を出したくない),この人に会ってみたいという人が何人か出てきています。


ところで,ipippiに入会したいので招待状を送ってほしい,というメールを頻繁にいただいています。ipippiに関心を持っていただきありがとうございます。

しかしながら,ipippiは知り合いから招待状をもらって入会する招待制のSNSであり,知り合いでない方に招待状を送ることは,主催者であってもできません。ご了承ください。

また,いただくメールの多くは,知財業務に役立つ有益な情報を入手したいのでぜひ入会したい,というものなのですが,ipippiの現状は上記の通りです。有益な情報が多数飛び交っているような状態ではありません。このような目的で入会された場合,おそらくがっかりされると思います。


ipippiの現状はこの様な感じです。これからも継続的に,ネットとリアルを併用して,充実した知財コミュニティを育てていきたいと考えています。


※参考
遅ればせながら今年の目標(2006/1/29)
知財系SNS 「ipippi (イピッピ)」 正式運用開始のお知らせ(2006/3/27)
知財系SNS 「ipippi」 への入会方法について(2006/3/30)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/14709415

この記事へのトラックバック一覧です: 知財系SNS ipippi の現状について: