« 特許通,再び閉鎖か? | トップページ | ★祝★合格 »

2006.09.18

特許流通シンポジウムで講演しました。

特許流通シンポジウムで講演しました。

http://expo.nikkeibp.co.jp/innovation/forum/index.html#06
http://www.ryutu.ncipi.go.jp/symposium/

朝から雨だし午前中は私の講演だけだし,参加者は少ないだろうと思っていたのですが,多くの方にお越しいただきました。来られたみなさま,お疲れさまです。ありがとうございます。

話の内容は,「特許流通における情報流動の重要性」のタイトルの通り,もっと情報を流動させたりもっとコミュニティを活用すると,特許流通がより活発になる可能性があるかもしれない,というものです。大学における広報活動の重要性や,コミュニティにおけるネットとリアルの併用などについても話しました。あとは,継続は力なりとかお金をかけずに臨機応変にとかコミュニティの運営は空気を読んでとか...

講演後の質問やその後の名刺交換のときに多かったのが,特許流通の現場で仕事をされている方からの話で,特許流通の話を企業に持ちかけるときにはどこに話を持って行くのが適切なのか戸惑うことがあるという話でした。窓口が決まっていない企業も多いとのことでした。

例えばこの様な現場の話が広く企業に伝わると,企業の体制がもっと整ってくるかもしれません。特許流通の現場の話という「情報」を流動させることが,特許流通を活性化するポイントのひとつになるかもしれません。

講演のあと,パテントサロンに掲載されている求人情報を見て転職されたという方が挨拶に来られました。役に立っていることを実感できて,とても嬉しかったです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/11951726

この記事へのトラックバック一覧です: 特許流通シンポジウムで講演しました。: