2006.09.27

発明を特許などに登録する

産学連携が成功する条件
ナレッジ・サプライチェーン・マネジメントを磨け
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20060914/109892/

「ここで知財を完成するというのは、単に発明を特許などに登録することではなく、申請する特許が「パテントマッピング」という検討手法を経て、より広範な知財としての権利を獲得することなどを含む」(上記サイトより)

「また特許は、1度申請して作業が終わるものではなく、通常は「書き加え」を重ね、権利の範囲などを広めていくことなどが欠かせない」(上記サイトより)

知財の実務家が読むとピクピクしてしまう表現ですが,一般の人は普通に読んでしまうのかもしれません。

ということは,例えば,経済の実務家が読むとピクピクしてしまう表現の記事を,経済素人の私は普通に読んでしまっているのかもしれません。

|

« Smips Workshop 2006 | トップページ | 創立記念日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/12055929

この記事へのトラックバック一覧です: 発明を特許などに登録する: