2006.08.13

愛車,危機一髪!

外で夕食食べて自宅に向かって歩いていると,サイレンの音とともに消防車が走ってきた。消防車は,左折して小道に入るとすぐに停車した。えっ!,そこは我が愛車がとまっている駐車場のすぐ前だ。

慌てて走って行くと,消防車が3台とまっていた。数名の消防士があわただしく動いている。事情聴取している消防士もいる。現場は駐車場の隣のビルらしい。私の位置から火や煙は見えない。

火が大きくなって我が愛車が燃えてしまっては困るので,近くにいた消防士さんに声をかけた。

    私:すいません。ここに車とめているんですけれど,燃えたりしませんか?
      燃えそうだったら動かしたいんですけど。
 消防士:大丈夫です。
    私:どこが燃えているんですか?
 消防士:え~と。
    私:何があったんですか?
 消防士:バルサンです。

バルサンの煙に火災報知器が反応したらしい。みなさんもご注意を。

※参考
 http://varsan.lion.co.jp/q_and_a/q_and_a.htm
 
Ca330020_1


|

« Casiopeaが活動休止 | トップページ | 900万 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/11408837

この記事へのトラックバック一覧です: 愛車,危機一髪!: