2006.05.15

美術館と乾燥期間

根津美術館が3年半休館しますが,3年半にはこんな秘密がありました。

根津美術館、改築工事で長期休館-再開は2009年秋

着工は来月で、第一段階として2007年1月まで収蔵庫の改築を行い、第2段階で本館の新築に取りかかる。本館の再建には2007年6月~2008年6月の約1年を要し、美術館として実働させるために必要な約1年半の「乾燥期間」を経て、2009年秋に展示を開始する予定。

1年半の「乾燥期間」!?
3年半の休館とはやけに長いと思っていましたが,乾燥させるのに1年半もかけるとは。高い専門性を感じますね。

|

« またまたヘリコプター | トップページ | 知財専門書店でパタパタ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/10082768

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館と乾燥期間:

コメント

なるほど・・・
ところで最終日に確認し忘れたのですが、
休館中はお庭の散策も・・・お休み・・・かしら(寂

昨日で交通博物館も(移転のため)閉館したけれど、
五島プラネタリウム同様、
子供のころを懐かしみつつ最後に行くことができませんでした。

投稿: lete | 2006.05.16 00:45

> leteさん
サクッとお庭を見に行ってこようと思っているうちに
2週間が経ってしまいました。
このところパソコンに向かいっぱなしです。
ということで,忘れた頃のコメントですみません。

先週仕事で秋葉原に行ったときに,
交通博物館の前を通ってみたのですが,
表にあった新幹線もSLも見えなくなっていました。

投稿: 管理人 | 2006.05.29 13:44

この記事へのコメントは終了しました。