« ヒトゲノムとPOWERS OF TEN | トップページ | GWにGTD »

2006.04.19

やっぱり iPod謝礼金

音楽ソフトの生産額が7年ぶりに前年を上回ったそうだ。

レコード生産額が7年ぶりに前年を上回る、iTMSなど音楽配信が好影響

日本レコード協会では、音楽ソフトの生産実績が上向いた理由について、2005年8月に日本でサービスを開始した「iTunes Music Store」や、携帯電話向けなどの音楽配信サービスの好調が、CDや音楽DVDなど音楽のパッケージソフトにも好影響を与えているのではないかと分析している。また、生産実績は2005年度下半期から上向いており、今後ともこの傾向は続くのではないかとしている。

やっぱりそうだ。

パテログ: iPod課金,iPod謝礼金

これを書いたのは去年の7月だが,それ以降も私は音楽を買い続けている。音楽にかけるお金は確実に増えている。最近では演奏の方にまで興味を持ってしまい,楽器を買ったりもしている。楽器を買うと,今度は曲を練習するために楽譜とCDを買う。そしてますます音楽に興味を持って……。音楽業界にとって,私はロイヤルカスタマーだ(ていうか,いいカモ?)。

お客を自社の商品やサービスから離れられないようにしてしまえばビジネスは成功する。人々を音楽漬け,音楽中毒にしてしまえば,最終的には音楽業界のビジネスはうまくいくはずだ。音楽の入手性を,手段と料金の両面から高めていくことは,たとえ今すぐは大きな利益を生まないことであっても,将来的にはよい結果につながると思う。そういう観点で音楽ビジネスを行うと,ビジネスを行う方もお客もハッピーになれるような気がする。

ハッピーならば,私はカモになってもいい。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/9669197

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり iPod謝礼金: