2005.09.15

コミックでリスクマネジメント

昨晩は定例の飲み会。
今回のメンバーは,
企業の知財部員,商標関連の人,コンサルタント,
ゲームコンテンツ系の人,社会人大学院に通っている人,
デザイナー,転職に伴う端境期で長期休み中の人,などなど。
5時間みっちり飲んだ。

iPod nanoやゲームボーイミクロを見せてもらって騒いだりしたのだが,
他に連呼された言葉が「インスパイヤ」。

これは,前にも書いたのまネコ問題に関連するもの。
この問題,のまタコが生まれたり,なかなか収拾に向かいそうにない。

法的にどうか,ということよりも,
リスクマネジメントとかCSR的な面で考えさせられる。
ネットの普及に伴うクチコミパワーのようなものをもっと考えたい。

で,最近読んだコミックが「オフィス北極星」。
ネットの古本屋で大人買いした

日本の保険会社を退職したサラリーマンが,
リスクコンサルタントとして米国で開業し,活躍するという話。
米国法廷シーンもたくさん出てくる。

リスクマネジメント,米国訴訟社会,日米文化の違い,独立・起業,
米国で働く日本人,などに関心がある人に強くお勧めします。

|

« 匠の技 | トップページ | DVDの値段,CDの値段 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/5956561

この記事へのトラックバック一覧です: コミックでリスクマネジメント: