2005.08.02

ネットとテレビの融合

今晩深夜のNHKスペシャルの再放送について,
パテントサロンで紹介するためにNHKサイトへ。

しかしいくら探しても番組の内容に関する記載が見つからない。
Googleのキャッシュには記憶されているので,
以前は掲載されていたはず。消去された様だ。
結局,全く別のサイトのテレビ番組表に掲載されている
番組紹介へのリンクを掲載することにした。


しばらく前から,ネットとテレビの融合がよく話題になる。
出てくる話の多くは,
ネットでテレビ番組を見られるようにしよう,というはなし。
そしてそれには著作権的な問題がいろいろとあって…,
というニュースが多い。

それはそれでよいとして,個人的には,
テレビ放送自身をもっと見てもらえるようにネットを使う方が
断然おもしろいと思う。

例えば今回のNHKスペシャル,
私は7月30日の最初の放映を見逃していた。

もし,自分が興味がある番組について,
あらかじめメールで教えてくれるサービスがあったらどうだろう。
「特許」,「知的財産」なんてキーワードを登録しておくと,
それらを扱う番組に関する情報がメールで送られてくる。
番組開始5分前に再送信されるなど,
リマインダー的な使い方もできるかもしれない。
これで番組を見逃すことはなくなる。

最近のビデオレコーダーには似たような機能がついているが,
テレビ局こそやるべきだと思う。

今でもサイトで番組検索はできるし,
最近ではRSSで番組表を配信なんて話もあるが,
もっと客が喜ぶ効果的なやり方があると思う。


どこかの評論家が,こんなことを言っていた。

 ネットとテレビの融合って言ったって
 どうせドラマで使われた洋服やアクセサリーを
 ネットで紹介するだけだろう

私はこれだけでも十分価値があると思う。
今はこれさえ積極的にやられていない(例えばこんな感じ)。

テレビを見ながらネットにアクセスするとよくわかるのだが,
例えばどこかのショップがテレビで紹介されると,
そのショップのサイトへのアクセスが難しくなる。
アクセスが集中して,混み合っているのだ。
多くの人が関連情報を求めている証拠である。

番組制作者がブログなどを使って,
メイキング的な話を載せるのもおもしろいと思う。

いずれにしても,ネットを使うことによって,
テレビ放送される番組自体の価値,おもしろさを高める方法は,
まだまだたくさんあると思います。

メイン商品であるはずのテレビ放送をもっとおもしろくしてもらえると,
客としてうれしいです。
たぶんテレビを見る時間が増えるでしょう。

|

« iPod課金,iPod謝礼金 | トップページ | 浮き足立つ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/5286798

この記事へのトラックバック一覧です: ネットとテレビの融合: