2005.07.23

働きマン2

ブログのタイトルを変えました。
固有名詞っぽくしたくなったので。

さて,今日一気に読んだコミックが「働きマン2」。
前作「働きマン」を読んだときから,待ち望んでいた。

今朝オフィスに向かう途中でコンビニで見つけて購入。
朝の更新を終えた後,朝食もとらずに一気に読んだ。
のめり込んでしまうというか感情移入させられるというか,
しっかりはまってしまっている。

ちなみに作者の安野モヨコの旦那は,
新世紀エヴァンゲリオンの監督である庵野秀明氏。
2人の生活の実録(!?)である「監督不行届」もおすすめ。
テーマは「オタク」。

コミック,アニメ,オタク,萌え,秋葉原,…。
これまでいまひとつ好まれていなかった,というか
どちらかというと,ちょっと奇妙なものでも見るような目で見られていたものが,
「いま,萌え株に注目!」の様にビジネスニュースで取り上げられている。
なんか変な感じです。特許や知的財産もちょっと似ているかも。

思いっきり盛り上げた後,突き落としたりしないでね。

|

« さよなら,チャーリー | トップページ | sakusaku »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働きマン2:

» ■巻頭記事-ドラマ化されそうなマンガ 講談社モーニング編 トラックバック ■デジタル出版サイト-『コスモディアドットコム』(ブログページ)
・でも少女匁家が青年誌にマンガを書いたら、それは少女マンガではないですよね… [続きを読む]

受信: 2005.08.09 00:22