2005.07.20

銀行でスロット

大垣共立銀がATMにスロット 当たりで現金も
 ※大垣共立銀行の発表
   ・「ATMスロットゲームサービス」の実施(PDF)

これ,どうなんでしょう?
ATMの待ち時間が長くなりそうでイヤかも。
現金が当たったら,営業窓口に行かなくてはならないのも面倒だ。
ゲームは時間外の現金引き出しが対象だから,
当たった場合は,改めて営業時間中に出かける必要がある。
そしてまた窓口で番号札を持って待つ。
う~ん,私はたぶん受け取りに行かない。

「遊び心」を加え、銀行のお堅いイメージとはかけ離れた型破りのサービスで利用者に楽しんでもらい、ATMの利用促進や顧客獲得につなげる狙い

だそうだが,
銀行はお堅くて良いと思う。
少なくとも私は堅い方が信頼できそうで好きだ。変化は必要だけれど。

|

« 著作権は何を守るのか | トップページ | コミュニティーな夜 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行でスロット:

» trick トラックバック 『寸胴鍋の秘密』
騙されてはいけない。「他行にないスロットゲームを利用したサービスは楽しい」ってことではない。大垣共立銀行は19日、時間外手数料が必要な夜間などに現金自動預払機(ATM)で現金を引き出すとスロットゲームが自動的に起動し、数字などがそろえば手数料を無料にするサービスを... [続きを読む]

受信: 2005.07.21 23:06

» ATMスロットゲーム誕生の裏側は? トラックバック 岐阜情報ブログ
地元では「だいきょう」と呼ばれている大垣共立銀行がATMスロットゲームなるサービスを今月8日より始めたそうな。いろいろなメディアで取り上げられているのでご存知の方が多いと思いますが、ATMでお金を引き出すとスロットが回って利用手数料が無料になったりするもの。 遊び心のあるなかなか面白いサービスですね。といっても私の周囲は「そんなゲームなんて要らない」とか「東京スター銀行のように一律無料にしてほしい」などあまり肯定的ではない人が多かったです。 しっかし、何を意図してこのサービスがはじめられ... [続きを読む]

受信: 2005.08.20 23:22