2005.02.13

イントラネットはもっと使える

ブログ,SNS,ソーシャルブックマーク,RSS,tagなど,
情報の発信,流動,共有,繋がりなどを加速するサービスやツールが,
このところいろいろと出てきている。面白い。目が離せない。

これらを試してみてよく感じることがある。
これらをインターネットではなく,企業内,
特にある程度規模の大きい企業の
クローズドなネットワークシステムで使った場合,
インターネットで使用する場合とは違った,
より高い効果が得られるだろう,という点だ。
社内ブログや社内SNSだ。
社内ソーシャルブックマークも面白そうだ。

企業内で使用する場合,
相手を疑う必要はないし,話は具体的で目的は共通。
セキュリティーにも配慮しやすい。

気になる情報の発信者に対して,
直接簡単にコンタクトを取ることもできる。
メールでもいいし内線電話でもいい。
そして,それがリアルな社会での動きに
つながっていくこともあるだろう。

インターネットの場合でも,
気になるブログを書いている人にメールで意見を書いたり,
面会を求めることはできるだろう。
しかし,実際に会い,何かの動きつなげることは,
企業内で使用する場合と比べて,容易ではない。

もちろんインターネットならではのメリットはある。
対象の広さは絶大だし,新たな出会いの新鮮度,意外度は高い。
しかし,素性の分からない人と,ネットでのやりとりだけで,
リアルな社会での動きにつなげるということは,
それなりの時間と労力が必要だ。悪いヤツもいる。
出会い系サイトの場合と全く同じだ。

ニュースなどによると,
すでに社内でこれらのシステムやツールを使っている企業はあるし,
企業向けのブログシステム等を提供している会社もある。
しかし私のまわりの人に聞いてみた限りでは,
積極的に利用しているという話を聞くことはできなかった。

企業内に導入するには,セキュリティー面なども含め,
いろいろと手順などが必要ではあるが,
効果の大きさにも目を見張るものがあると強く感じる。
面白いと思うのだが...

補足
なお,我が社は社員数が少なく効果が期待できないため,
残念ながら導入はしていません。

|

« 街頭募金が行われます | トップページ | RSSでUSP »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/2903804

この記事へのトラックバック一覧です: イントラネットはもっと使える: