2004.10.06

イチローは一朗のもの

国道262号の愛称をイチローに・山口県に要望

二井関成知事は「面白い提案。商標登録の問題があるかもしれないが、一般的にイチローロードと呼ぶのは結構ではないか」と話している
と,知事も気にされている様なので,ちょっと調べてみた。

特許電子図書館商標を検索するで「イチロー」を入力して検索。
36件がヒットした。

その内の20数件の「イチロー」については,
権利者が「鈴木一朗」になっている。
住所もちゃんとアメリカ合衆国,ワシントン州だ。

ところで,このニュースの通り,
国道262号がイチローロードになったと仮定する。
その場合,もし来年,
イチローが記録を更新して,例えば265本打ったとすると,
どうなるのだろうか?

イチローロードが乱立するのだろうか?
イチローロード2005とかになるのだろうか?

名称を決める方々は,
そのあたりのことも考えて決められることをおすすめします。

あるいは予測して今のうちにいろんな商標を出願しておくのも手かも。

|

« 商標とコンテンツビジネスが好きなあなたに | トップページ | 大学院ブログ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39036/1609735

この記事へのトラックバック一覧です: イチローは一朗のもの:

» どこ見てんのよ〜イチロー編 トラックバック お笑い@サプリッ!〜楽しくなければBLOGじゃないじゃ〜ん!〜
イチロー、2度目のMVPを逃してしまったそうです。 そこで、あえて言わせてください。 「どこ見てんのよ」 (青木さやか風) 「打率3割3分7... [続きを読む]

受信: 2004.11.19 22:06